憧れのミュージシャンと同じ方向に努力してはいけない法則!?

5eefee9333a8af84fd16959361deb0e8.jpg

あなたには憧れのミュージシャンがいますか?

実はその憧れが強すぎると
あなたの人生をダメにするかもしれません!

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサーの
斉藤彰広です。

今回のテーマは

【憧れのミュージシャンと
同じ方向に努力してはいけない法則!?】

です。

もちろん、
憧れのミュージシャンがいること自体は
とっても素晴らしいこと!

その人の生き方や考え方、
そしてサウンドそのものに惹かれて
音楽を衝動的に始める気持ち。

僕自身もとってもよくわかります。

ところが!

エイヤ!と音楽を始めるときには
強い力になる「憧れ」ですが、
音楽を「続ける」際には
逆に強力なブレーキになることがあります。

どういうことなのかというと。

【他人への憧れというのは
自分の中にない能力に対して
持ちやすい感情だから!】

 


例えば、よくあるのは
「ギターの早弾き」

寸分の狂いもなく、
速いパッセージをバッチリ決める
スーパーギタリスト!

そんな人にあなたが憧れを持ったとします。

そして、そこから一生懸命に早弾きを練習します。
ある程度は速く弾けるようになるのですが、
どうしても一定レベルから上に行けません。

これはなぜなのかというと、

【速く弾こうとしているから】

実は生まれついて速く弾ける人というのは
楽器を始めたら一年以内に
自然に普通の人では追いつけないレベルの
速さと正確さで楽器を
コントロールできるようになっている。

という事例がたくさん見つかっています。

そして、そういう人というのは
そもそも【速く弾こうと思っていない!】
という傾向があるのがわかっています。

すでに頭の中に
速いフレーズがイメージできています。

それを楽器で再現しようとしているだけなので
速く弾こうという意識はほとんどないのです。

こういう天然タイプの人と
普通の人が早弾き勝負したら
絶対に勝てません。

もっと話を単純にしてしまうと、

【憧れてしまった時点で
あなたの中にその能力が
ない可能性が高い!】

のです。残念ながら。

そもそも自分の中にないので
他人の能力や結果に憧れてしまう。

なんなら少し嫉妬心までもってしまう。

不思議なもので、
人の気持ちというのは
ときおりこういう
矛盾を抱えてしまうのです。

なので、
憧れのミュージシャンがいる事自体は
音楽を始めるモチベーションとして
素晴らしいこと。

でも、音楽をやり続け、
【自分の中にある能力を最大化する!】
という視点に立つと、
実は強力なブレーキになってしまうのです。

だとしたらどうすればいいのか!?

聡明な読者の皆様ならもうお気づきでしょう。

【自分が今現在興味のない音楽、
または嫌いな音楽のなかに
あなたの中の才能が隠れている可能性が高い!】

不思議ですが、こういうことが
とっても多いのが人生です。

ピンと来た人は
ぜひ今まで聞いたことない音楽や
ミュージシャンにアンテナを広げてみてください。

本日もガツンとグルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。