よくあるリズム練習で全然リズム感がよくならない原因とは!?

52e56902774bd0dbb43d2cbee6fa7325.jpg

よく教則本などに載っている

リズム練習。

 

果たしてあなたはその練習で

実際にリズム感が良くなったでしょうか!?

 

もしなっていなかったとしたら

あなたのリズム価値観タイプに合っていない

練習方だったのかも!?

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサーの

斉藤彰広です。

 

今回のテーマは

【よくあるリズム練習で

 全然リズム感がよくならない原因とは!?】

です。

 

 

「メトロノームのように正確なリズムが欲しい!」
「もっとウネるようなグルーヴを身につけたい!」
「もっと自由なリズムでプレイしたい!」

これらの感想をいっている人で、
望み通りのリズム感、グルーヴ感を
身につけられた人を僕は知りません。

その答えをこの記事でお伝えしたいと思います!

 

 

もったいぶらずに結論から行きましょう。

 

【リズムは3次元でできているから!】

 

もっと意味が分からなくなった人もいると思います。(笑)

もちろん詳細に解説しますのでご安心を。

実は、もともとリズムと言うのは、

「1 1拍の正確さ」
「2 裏から表へのスピード感」
「3 小節線を飛び越える大きさ」

の3つの要素から成り立っています。

しかも、この3つが立体的に絡み合って

はじめてグルーヴが生まれています。

 

ところが!

多くの人は3つのうちの

一つの面からしかリズムを見ていません。

 

例えば冒頭の、
「メトロノームのように正確なリズムが欲しい!」
という人は、正確さの面からしか
リズムを捉えていません。

極端に言うと、

「メトロノームにぴったりで

 正確であればいいリズムなのだ!」

という価値観を持ち合わせています。

 

なので、その方面だけ特化して

練習し伸ばそうとします。

 

 

また、
「もっとウネるようなグルーヴを身につけたい!」

という人は「リズムのスピード感」のみ

に意識がいっています。

 

いわゆる、リズムのタメやレイドバック、
メトロノームよりちょっと前、後などなど、

「アナログで人間にしか

 出せない部分があればいいリズムだ!」

という価値観を持ち合わせています。

 

最後に、
「もっと自由なリズムでプレイしたい!」

という人は、

「大きいリズム」の面からしか

リズムを捉えていません。

 

極端に言うと、

「リズムのアタマさえ合っていれば大丈夫でしょ!」

という価値観を持ち合わせています。

 

どの価値観も気持ちは分かりますし、
一見すると素晴らしいものです。

でも、残念ながらこのままでは

思ったようなリズムを体得することは不可能です。

 

なぜなら

「この3要素が立体的に絡みあって

 初めてグルーヴするから!」

 

もちろん世の中には様々な

リズム、グルーヴの型があります。

でも、多くの人が気持ちいいと感じるリズムは、
この3要素を、大抵全て表現しています!

「へたうま」なんていう言葉が

音楽の世界で良く言われるのも、

実はリズムにこう言った多様性、

そして奥深さがあったからなのです。

さらに言うと、この3要素が
ただ存在するだけでもダメ。

 

そのシチュエーションに合わせて、

まさに立体的に絡み合いながら

それぞれの比率を変えて行くと、

素晴らしいグルーヴを常に生み出していきます!

 

 

という特性があるので、

あなたのリズム価値観にあったもの、

そしてもともとは持っていないもの

全て満遍なく練習しないと

リズム感は総合的に向上しなかったのです!

 

1「リズムの正確さ」

2「リズムのスピード感」

3「リズムの大きさ」

 

あなたはどの価値観が

どちらかというと高いですか?

 

あなたの価値観に合わせた
具体的なリズム練習の秘訣は

「ミュージシャン起業メール」

〜音楽で最低年収1000万を超える
 365の方法〜
で詳しく解説していきます。
http://yume-mamoribito.com/?p=36
 
ご興味ある方は、
ぜひ登録しておいてください。

 

今日もガツンとグルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。