ヒットソングにソロがなくなった理由!?

s_11034473_821040741311704_2848627235322841130_o.jpg

今回のテーマは
【ヒットソングにソロがなくなった理由!?】
です。
 
かっこいいギターヒーローが
バリバリのギターソロを間奏でかます!
 
ジャジーなポップスなのに、
途中でゴリゴリのサックスソロが度肝を抜く!
 
まるでベースとは思えない
超絶テクを駆使したソロで観客がひっくり返る!
 
ド派手で長尺なドラムソロが
ライブの途中で絶妙のスパイスとして存在する!
 
 
そんな光景も今ではトンと見なくなりました。
でもこれにははっきりとした理由があります!
 
答えから言ってしまうと、
 
【若者が同目線を強く求めるようになったから】
 
最近ではツイッターなどのSNSで
普通では会うことすら難しい人とも
同じ土俵で話すことが可能になりました。
 
憧れのミュージシャンやアイドルと
ネット上ならば、気軽に挨拶を交わせる。
 
そんなことが日常茶飯事となっているわけです。
(実際にそうできるかどうかは別に、
 そういうことが可能だと多くの人が思っている。)
 
そうなると、良い悪いは別にして、
みんないわゆる「タメ口」になり、
同目線での発言が普通になっていきます。
 
例え相手が、首相や大統領や国王だったとしても
基本的に同じ土俵、同じ目線で
会話をする文化が普通になっていきます。
 
 
すると逆に何が起こるのかというと。
 
【上から目線の表現を極端に嫌がります!】
 
ピアノ上から目線
 
基本、上から目線の表現が好きな人は
あまり多くないと思いますが。(笑)
 
それでも、上司と部下の関係とか、
なんらかの利害関係があると、
そういう上下がはっきりしていた方が
うまくいく場合も多いです。
 
でも、そんなことは関係なく、
ネットを駆使する若者たちは
誰とでも同目線の方が普通だし、
上から目線の、よく文化がわかっていない奴が
入ってくると強力に拒絶するわけです。
 
案の定ですが。
 
ちょっと楽器が上手い感を醸し出した
長めのソロが入っている曲は
見事にヒットしなくなっています!
 
むしろソロなんてまったくない、
頭から最後まで歌だけに焦点を当てた
編曲の方が、確率的には
ヒットしているように見受けられます。
 
【ヒットソングにソロがなくなった理由は
若者が同目線を強く求めるようになったから!】
 
さて、読者の皆さんは
この分析についてどう感じるでしょうか?
 
「だから今の若者はダメなんだ!」
「音楽の何たるかがわかっていない!」
 
なんて思ってしまったあなた。
 
もしかしたら、それこそ思考停止、
他人の夢を奪うドリームキラー的
発想かもしれませんよ!?
 
ぜひ柔軟な頭で捉え、
この現象を面白く利用してみてください。
 
 
一緒に実現していきましょう!
 
 
 
 

ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。