譜面に縛られない自由なリズムを体得するための価値観とは!?

11817093_890859170994447_3548512662420926912_n.jpg

先日までのリズム価値観アンケートに

お答えいただいた方

ありがとうございました!

 

3番目に多かったのは

「リズムの大きさ」

という価値観を持っている方々でした。

 

今回はその弱点と克服法について

解説します!

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサーの

斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【譜面に縛られない

 自由なリズムを体得するための価値観とは!? 】

 

です。

 

今回はリズムの価値観の3つ目。

 

「リズムの大きさ」

 

について詳しく解説していこうと思います!

 

この価値観を強く持っている人は、

「もっと自由なリズムでプレイしたい!」

と思っている事が多いです。

 

もっと具体的に言うと、

 

「1,2,3,4の

 基本リズムの縛りすら飛び越えたい!」

 

と本気で思っています。(笑)

日曜セッション写真

カウントとか、小節線とかを飛び越えて、

もっと大きな単位でリズムを捉えています。

 

まさにリズムの天才タイプ。

 

リズムの基本概念すらぶっ飛ばして、

もっと自由なタイミングで

自由に適切な音を鳴らす!

 

そういった方向性に無意識に魅かれています。

 

だからこそ、理解者がいません!(苦笑)

 

このタイプの人と

不運にも遭遇してしまった人は、

「正しいリズム」と言う概念を

根こそぎぶっこ抜かれます。

 

その価値観の急激な変化に耐える

強い心を持っていれば

逆に急成長できるのですが、

大抵の人はそんな風に

すぐに変わることはできません。

 

なので、わけ分からんリズム、

そしてサウンドを出す人間を

かなりの確率で迫害し始めます。

 

こうして、天才タイプは

孤独になってしまうのです…。

 

だからこそ!

 

かなり希少種である

天才タイプこそ、

他のリズム価値観を

体に取り入れる必要があります。

楽しいドラム

特に、「正確なリズム」

という価値観を

強く持っている人をよく理解し、

見方に付けると

グンと音楽の質が上がります!

 

「大きいリズム」を

志向する人にとっては、

ただ正確なリズムを目指す人は

退屈な人間に見えます。

 

でも、その正確なリズムがあるからこそ、

「大きいリズム」を持つ人は

大いにリズムで遊び、

そして、カッチリ戻って来れるのです!

 

この二人がいいパートナーになれると、

次元をひしゃげるような、まさに独特で、

力強いグルーヴがバンドに生まれます!

 

天才には、その才を活かす

土壌となってくれる人間が必要なのです。

 

これを「あ、自分のことだ!」

と心から思う人はかなり少ないと思いますが、

もしそうだとしたら、是非参考にしてみてください。

 

さらに詳しくリズム感を鍛える方法を
知りたい方は
【ミュージシャン起業メール】
~年収1000万を超える365の方法~
で無料にて具体的にお伝えします!
 
ご興味ある方は、
ぜひ今のうちに登録を
済ませておいてください。
http://yume-mamoribito.com/?p=36

 

今日も一日ガツンとグルーヴさせていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。