メロディアスなフレーズは絶妙に常識から外れている法則!?

5ba503709d0b802878b3e1b1758de763.jpg

メロディアスなフレーズを弾きたい!
メロディアスな曲を作曲したい!

メロディアスというのは
ミュージシャンにとって
一つの理想ですよね?

では具体的な
メロディアスの作り方とは!?

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサーの
斉藤彰広です。

今回のテーマは

【 メロディアスなフレーズは
絶妙に常識から外れている法則!?】

です。

これは具体例をあげたほうが
わかりやすいので
ぜひピアノやギターなど
コード楽器を傍らにおいて、
以下を読み進めてみてください。

例えば、コード(和音)の
C(ド、ミ、ソ)を弾きます。

そこにこういう順番で
音を足していってみてください。

1 シの音
2 オクターブ上のレの音
3 オクターブ上のファの音
4 オクターブ上のファの音を
#させてファ#に変える

試してみましたか?

だんだんオシャレな感じ。
いわゆる「ジャジーな感じ」
になっていくのがわかりましたか?

実はこれ、音響的に分析すると、

【和音が濁る音程を
次々に足していっている!】

という驚異の状態になります!

もしかしたら、
人によっては最後の
ファ#の音を足した時に
許容範囲を超えて
不快に感じる人も
いるかもしれません。

でも大抵、僕たちの耳には
別に悪い感じはしない。
まぁ、許せる感じ。

という人が多いかと思います。

【清濁併せ呑む】

なんて言葉が昔から
日本にはあります。

実は物事の本質というのは
正しく清らかなものの中
だけにあるのではない。

反対の濁って淀んだ部分にも
物事の真実、本質があり
その両方を合わせ飲まないと
大事な部分は掴めない。

僕はこんな風に
この言葉を解釈しています。

そして、

【メロディアスとは
まさに清濁併せ呑んだ状態!】

先ほどのコードに音を足していった
実験でお分かりのように、
ただのドミソだと、
悪くはないけど
素直すぎてつまらない感じ。

まさにコードCの上で、
ドミソを中心にメロディを作ると
なんの引っ掛かりもない
普通のメロディが出来上がります。
(もちろんリズムや展開など
他の要素も絡んでくるので
必ずしもこれが
悪いわけではありません。)

ところが、
ドミソ以外の音を積極的に使うと
もちろんやり方にも寄りますが
多くの人が「メロディアス!」
と感じやすいフレーズが
生まれやすくなるのです!

つまり、

【 メロディアスなフレーズは
絶妙に常識から外れている!】

歌声4
ということなのです。

この絶妙なバランス感覚を
養うことでメロディアスな
サウンドが意図的に
出せるし、作れるようになります!

そして、その方法を学ぶのに
一番効率的で効果的なのが

【6ルーツミュージックメソッド】

 

メロディックな作曲やアドリブ、

その他、色々なものに

活かせるメソッドです。

 
その詳細は無料メルマガ
 
 

 

本日もガツンとグルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。