音楽のオファーが欲しけりゃまずオファーしろ!?

1978452_821041431311635_6326169186474361441_o.jpg

ライブに呼ばれるようになりたい。
とにかく音楽の仕事が欲しい。

気持ちはわかりますが、
こう言ってしまった時点で
あなたにオファーは来ません!

 

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサーの
斉藤彰広です。

今回のテーマは

【音楽のオファーが欲しけりゃ
まずオファーしろ!】

です。

いろいろなライブ企画に
引っ張りだこで、
ライブ動員も出るたびに
上がっていくミュージシャン。

音楽の仕事のお願いなら、
まずこの人にお願いする!
もし断られたら他の人へ。

という風に、
みんなから一番に選ばれて
ひっきりなしにレコーディングや
ライブサポートを
しているミュージシャン。

いわゆる
「ファーストコール!」

こういう人たちが
ほんの一握り存在します。

逆に言うと、
その他の人たちは
いつもライブ集客や
仕事のあてに
困り続けています。

なぜこういう風に
オファーが一極集中
するのでしょうか?

もったいぶらずに
答えから言いましょう!

【自分からオファー
しているから!】


心理学的にいうと
「返報性の法則」
というのですが、
何かしてもらったら、
そのお返しを
自然としたくなってしまう!

という人間の
本能的な心理です。

だから、まずは
音楽のオファーを周りに
与えまくることから
スタートするのです!

もちろん、いくら与えても
むしり取るばかりで
何も返してこない人もいます。

でも、そんな人は
はなから相手にしなくてOK!

いずれ消えていきます。

目先の小さな利益ではなく
将来の大きな利益のために
こちらから仕事をオファーしまくる!

すると不思議なことに
ある時点から
世界が変わったように
求められるミュージシャン
になれます!

でも、そのためには
自分で音楽の現場を
作れなければいけませんよね?

そう、結局は

【他人から音楽の仕事をもらう!
という依存体質を脱却し
自分で音楽の仕事を作り出す!】

という心意気になれば、
全て解決してしまう問題なのです。

ミュージシャンは
本質的に個人事業主。

この本質が理解できている人が
良いプロデューサーと出会ったり
良い音楽事務所に所属すると
掛け算で成長していきます。

が、そうでなければ、
結局何も起こらず終了です。
(その前に選ばれません。)

「じゃ、具体的にどうやったら
音楽の仕事が作れるの!?」

という疑問がわいた人も
多いと思いますが、
長くなるのでまた別の機会に。
(リクエストあれば
メッセージください。)

まず何よりも、

【音楽のオファーが欲しけりゃ
まずオファーしろ!】

これを格言として
ぜひ心に刻み込んで
おいてください。

本日もガツンと
グルーヴしていきましょう!

 

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。