メロディアスなフレーズに欠かせない2つの音楽用語!?「動画レッスン」

10404896_821040694645042_6446188921299991569_n.jpg

メロディアスなフレーズを

自分で作れるようになる!

 

 

そのためには

ある2つの音楽用語を

しっかり理解することが重要です。

 

 

こんにちは!

 

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【メロディアスなフレーズに

 欠かせない2つの音楽用語!?】

 

です。

 

 

今まで、メロディアスとは

 

【メロディアス=

 リズミックであること!】

【メロディアス=

 常識から外れていること!】

 

 

という秘訣をお伝えしてきました。

 

今回はその手法を

より具体的な

音楽条件として

掘り下げていきます!

 

 

とはいえ、

難しく語る人は

沢山いらっしゃるので

ここでは超シンプルに

解説したいと思います。

 

答えからいきましょう!

 

【モーダルとコーダルの

 違いを理解すること!】

 

 

こちらの動画をまずは

チェックしてみてください。

 

【動画】モーダルとコーダル比較

https://www.youtube.com/watch?time_continue=126&v=zfXkHdbMImE

 

 

動画の中でも解説していますが、

 

モーダルとは

【コード進行がない状態】

 

コーダルとは

【コード進行がある状態】

 

 

実はこの2つを

理屈ではなく感覚で

理解できると、

メロディアスなフレーズを

自分で作る基礎が出来上がります!

 

なぜなら、

「普通の人の鼻歌は

 コーダルだから!」

 

実は特に音楽的な教育を

受けていない普通の人は

鼻歌を歌うと自然と

「ド(キーの中心の音)

 に戻りたがる」

傾向があります。

 

本人は意識していなくても

そして多少音痴だったとしても

必ずどこかに戻る、

つまりコードを意識した

フレーズに縛られているのです!

 

だから、多くの

シンガーソングライターが

「鼻歌で作っています!」

という曲は普通です。(笑)

 

普通すぎで

全然人の心に刺さりません。

 

ところが!

 

同じく

「鼻歌で作っています!」

と言っていても

明らかに独特の音使いや

特徴が出てしまう人。

 

こういう人は、

本人が意識しているか?

していないか?

に関わらず、

コードを無視した発想

【モーダルの感覚】

を使いこなしています!

 

なので、例え

普通のコード進行の上でも

絶妙に常識から外れた

メロディアスなメロディが

自然と浮かんでしまうのです。

 

 

コーダル】と

【モーダル】の

サウンドの違い。

 

ぜひ動画をなんども見て

感覚でつかんでみてくださいね!

 

【動画】モーダルとコーダル比較

https://www.youtube.com/watch?time_continue=126&v=zfXkHdbMImE

 

さらに詳しい
メロディアスフレーズの作り方。

その詳細は無料メルマガ

 
 

 

本日もガツンとグルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。