リズムを身体のどこで取るか?

30f5124b2a7446e7ce422fc21fda5c23.jpg

あなたは楽器を演奏する時

身体のどこでリズムを取りますか?

 

もしかしたら、

その取り方のせいで

あなたのリズム感が

悪くなっているかもしれません!?

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

今回のテーマは

 

【リズムを身体のどこで取るか?】

 

です。

 

 

いきなりですが、

アンケート!

 

あなたは楽器を弾く時

身体のどこで

リズムを取りますか?

 

 

1 首

 

2 体幹(みぞおち)

 

3 腰

 

4 ひざ

 

5 つま先

 

6 かかと

 

 

大抵の人は

上記の6つの

どこかでリズムを

とっていることが

ほとんど。

 

そして、

まるで都市伝説のように

 

リズムは腰で取るもんだ!

 

とか、

 

ブラックミュージックは

首で取らなきゃダメ!

 

とか、

 

つま先じゃなくて

かかとじゃないと

リズムは悪くなる!

 

とか、

 

いろいろな人が

いろいろな見解を

述べているのも

このお題の特徴です。

 

 

でも!

 

ズバリ答えを

言ってしまいましょう!

 

 

【どこでリズムを取るか?

 が重要なのではなく、

 あなたにあった場所は

 どこなのか?が重要!】

打楽器楽しい4

 

これが「4スタンス理論」

から導き出される結論です。

 

 

肩幅で自然に立った時に

足のつま先側に重心が

きた方が身体が安定する人。

 

そんな人は、

 

1の首、

3の腰、

5のかかと

 

でリズムを取ると

身体が安定し、

不思議とリズムが

良くなります。

 

 

逆に、

肩幅で自然に立った時に

足のかかと側に重心が

きた方が身体が安定する人。

 

そんな人は

 

2の体幹(みぞおち)

4のひざ

6のつま先

 

でリズムをとった方が

不思議とリズムが

良くなります。

平衡イメージ

 

実はあなたの

身体タイプによって、

どこでリズムを取ると

スムーズで安定するのか?

生まれながらに

決まっていたのです!

 

 

例えば、もしあなたが

たまたまつま先重心タイプ

ならいいですが、

逆のかかと重心タイプ

だった場合。

 

 

「ラテンは腰でリズム

 取らなきゃダメだよ!」

なんて固定観念バリバリの

先生や先輩に動きを強要され。

 

なんだかしっくりこないのに

無理やりやっていると

リズムが悪くなるのはもちろん

将来的には身体を壊します。

 

音楽の専門家では

あるかもしれませんが、

けして身体の専門家

ではない。

 

そんな人こそ、

悪気なくさらっと

結構恐ろしいアドバイスを

連発し、あたかもそれが

正解であるかのように

強要してしまって

いたりします。

 

 

あなたの周りには

そういう人はいない

と思いますが

(あなたは運がいい!)

もし、そういう人が

いた場合、自分の

身体タイプをしっかり

チェックした上で、

合うものは取り入れ、

合わないものは

綺麗に無視しましょう!

 

 

リズムはもちろん、

身体を壊してしまったら

元も子もありませんので。

 

どうぞお気をつけください。

 

さらに詳しく知りたい方は

「ミュージシャン起業メール」
〜音楽で最低年収1000万を超える
 365の方法〜
でお伝えしています。
 
ご興味ある場合は、
ぜひ登録しておいてください。
http://yume-mamoribito.com/?p=36
 

今日も一日ガツンと
グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。