ドラムやればリズムがよくなる!?の功罪

11822575_888016911280753_7927363353176819856_n.jpg

リズムが悪いから

ドラムやってみよう!

 

結構多くの人が

安易にこういう発想で

ドラムに興味を持ちます。

 

が、そういう人に限って

ほとんど効果がありません!

 

その理由と

正しい対処法について

お伝えします。

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【ドラムやればリズムが

 よくなる!?の功罪 】

 

です。

 

 

ぶっちゃけた話、

安易にドラムやったところで

リズム感なんて良くなりません。

 

なぜなら、

 

【四肢の身体操作に

 意識を持って行かれて

 リズムにフォーカスできない!】

白黒赤ドラム

 

よく考えてみてください。

 

普通は手を使って

演奏する楽器が大半です。

 

でもドラムは

見たらわかるように

全身を使います。

 

少なくとも

4つの手足を同時に動かして

楽器をコントロールします。

 

 

ちょっと考えたら

当たり前ですが、

 

【普通の楽器より

 身体操作が難しい!】

 

のです。

 

 

だから、

ちょっとかじったところで

身体のコントロールに

四苦八苦するだけで、

全然リズムそのものに

意識が向けられないのです!

 

 

それなのに、

安易に始めて

なかなか上達できなくて

すぐに挫折。

 

これがほとんどの人が

歩む失敗パターンです。

 

 

でも!

 

一つだけ

その挫折パターンを

高確率で避ける

方法があります!

 

 

その方法とは、

 

【4スタンス理論】

 

 

自分の身体の特性をしり

その特性にあった

フォームや叩き方を

はじめから知った上で

ドラムに入門すると

すぐにリズムに意識が

向けられるようになるので

ガンガン上達します!

斉藤ドラム青

さらには

自分のメイン楽器の

身体操作能力も上がるので

全ての楽器が一気に

レベルアップします!

 

 

僕が

オールラウンドプレイヤー

として、

様々な楽器をマスターし、

普通の人が想像する

3倍〜5倍のスピードで

色々な物事を習得していく

秘訣の一つが、実は

 

【4スタンス理論】

 

などの身体操作方法を

学んでいるからなのです!

 

 

次回はさらに詳しく、

あなたの身体タイプの特定と

ドラムをどう始めればいいのか?

 

の具体的アドバイスを

していきますね。

 

 

どうぞお楽しみに!

 

 

さらに詳しく知りたい方は

「ミュージシャン起業メール」
〜音楽で最低年収1000万を超える
 365の方法〜
でお伝えしています。
 
ご興味ある場合は、
ぜひ登録しておいてください。
http://yume-mamoribito.com/?p=36
 

今日も一日ガツンと
グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。