ステージで高い集中力を維持する方法

1908259_821041577978287_3070751364546096325_n.jpg

ライブのステージに立つ時。
はたまた音楽制作をする時。

高い集中力を維持できたら
最高のパフォーマンスができる!

そう思いませんか?

その具体的な方法を
今回は公開いたします。

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサー
の斉藤彰広です。

今回のテーマは

【ステージで高い集中力を
維持する方法】

です。

これは答えからいきましょう!

【段取りを先に決めておく!】

これが誰にでもできて、
効果の高い
究極の集中力維持法です。

どういうことなのかというと。

何かパフォーマンスをする時に
「やりながら考えない」
ようにすればいい!

ということだけなのです。

ミュージシャンや
スポーツアスリートなど
がパフォーマンス中に
極度の集中状態に入り
何をやっても上手くいく!

という最高の精神状態に
入ることがあります。

運動 4スタンス理論.jpg
これを【フロー】
と呼んだりします。

 
フローを最初に提言した
チクセントミハイ先生は
その研究の中で、

「フローに入りやすい職業は
伝統工芸と工場の作業員」

と看破しています。

伝統工芸も工場の作業員も
基本的には職人仕事で、
毎日同じことを繰り返し
その精度を上げていくことが
価値となってくる職業。

もっというならば、
「次を考えない仕事内容」
なのです!

次のことを考えずに
「今に集中しやすい環境」
が、最初から
整っているわけですね。

今に意識が集中すると
「フロー」に入りやすくなる。

これは証明されている事実です。

逆に、

「過去の後悔している出来事」

「未来の起こるかわからない不安」

などに意識が持って行かれると
「フロー」はおろか、
集中すること自体が
難しくなるでしょう。

(あなたも過去に
最高のパフォーマンスが
発揮できなかった時は
こういう状態じゃ
なかったですか!?)

というわけで、
冒頭の結論に戻ります。

【段取りを先に決めておく!】

これが誰にでもできて、
効果の高い
究極の集中力維持法なのです!

とっても簡単なのに
なぜかミュージシャンは
段取りが苦手な人が多いです。

ピンときた人は
ぜひチャレンジしてみてください。

今日も1日ガツンと
グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。