ミュージシャンが情報弱者になるメンタルとは?

8592e10ca5ccdb0d177c14d917486fe9.jpg

インターネットが普及し、
情報革命が起こったと言われています。

その環境の中で、
情弱(情報弱者)という
カテゴリーが生まれました。

ほとんどのミュージシャン
はこの情弱の可能性が高い!?

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサー
の斉藤彰広です。

今回のテーマは

【ミュージシャンが情報弱者
になるメンタルとは?】

です。

これは答えからいきましょう!

【今楽したいを
コントロールできないメンタル!】

実は、ミュージシャンに
限ったことではなく、
基本的に人間はみんな

「今、楽できるならする!」

という行動をとるように
脳がプログラミング
されています。

本能的な判断ですね。

原始時代や狩猟時代などは
このほうが効率が
良かったのでしょう。

ただ、現代まで
文明が発展すると
残念ながら真逆のことが
起こっています。

【今は行動を起こし
後で楽をする!】

この判断をできる
メンタルを持った人が
頭角を表す社会システム
へと大変更がかかっています!

「今、楽をする」
から脱却できない
ミュージシャンには
必然的に2つの罠が
待ち構えています。

【1 そもそも人気がでない】
【2 酒、異性、金の問題】

まず、「今、楽をする」
を選択し続ける人は、
そもそも行動しません。

俺はメジャーデビューしたら
月収100万円はかるいぜ!
と言いつつ、
曲も作らず、ライブもやらず
呑んだくれています。(笑)

こういう人は
そもそもファンが生まれず
何も変わらない人生を
他人のせいにして、
文句を言いながら
過ごしていきます。

あなたの周りにも
こういう人いませんか!?(笑)

絶対に付き合っては
いけませんよ。

先ほども言いましたが、
人間はもともと
「今、楽をしたい生き物」

実際に
「今、楽をしている人」
と話すと、それだけで
そちらに引っ張られます。

こういう時に、
うまい儲け話とか、
デビューの話とかを
持ってこられると
コロッと騙されます。

これぞ
ミュージシャン的情弱
の典型例です。

つまり、第一の罠は
「そもそも行動できない」
側面と、
「行動しない奴に毒される」
という2つの側面をもつ罠!
だったのです。

本人は気づかずに
ばっちりハマっている
パターンが多い罠でもあります。

どうぞお気をつけください。

そして、この第一の罠を
見事に乗り越えた
ミュージシャンには
隙を与えることなく
第二の罠が襲いかかってきます!

【2 酒、異性、金の問題】

それまで頑張って
ちょっと人気が出てきた。
ちょっと生活が良くなった。

そのタイミングで
必ず襲いかかってくる
メンタルの問題です。

本当に成功している人
から見るとまだまだ
全然たいしたことないのに、
少し力がついたからこそ、
調子に乗ってしまう罠です。

ミュージシャンはもともと
「注目を浴びたい」
「モテたい」
などの自己顕示欲から
音楽を始める人が多い分野。
(それが悪いとは
言っていませんよ!)

だからこそ、
すこしお金を持ったり
影響力が出てくると
今まで抑えていた欲求が
急に暴走し出すことがあります!

代表的なのは
「酒、異性、金」です。

初のワールドツアーを終えた
今ノリにノッていたバンドが
それ以降急にメディアに顔を
出さなくなったりします。

もちろん、いろいろな理由が
重なっているとは思いますが、
僕はこの時こう予測しています。

「あ!やっぱり長期休暇で
南の島行ったな。」

別に南の島じゃなくても
いいのですが、(笑)
大きなツアーの後に
長期休暇を取ると
大抵危ないのです。

なぜなら、この期間に
メンバーの一人は
酒に溺れアルコール中毒、
ひどい時には薬物中毒。

一人は
不倫やセックス依存症になり、
行き過ぎたときは性感染病。

一人は
うまい投資話に乗って
見事に失敗、自己破産。
最悪の場合はマフィアとの関係が
取りざたされる始末。

と、まぁ
大げさに書いていますが
このくらいのことは
本当に起き得ます。

そのくらい、
ちょっと成功した時が
一番メンタル的に不安定で
危ない時期なのです。

周りの悪賢い奴らが
そのお金や影響力を
利用してやろうと企んでいます。

「酒、異性、金」

このどれも
「今、行動を起こし
後で楽をする!」

のメンタルがあれば、
全て避けられるのですが、
なかなか難しいようです。

こういう時に、
魅力的な提案や
魅力的な異性、
そして
簡単に現実逃避できる
酒に逃げると、
ろくなことはありませんね。

ざっと書いてきましたが
要するに

【情弱になりたくなかったら
今を楽するメンタルを捨て、
後で楽するメンタルを
身につけよう!】

ということなのです。

参考になれば幸いです。

今日も1日ガツンと
グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。