達成感を求めるミュージシャンは不幸になる法則!?

371801c1163dd3ca15fd8217168c3688.jpg

最高のライブの後の達成感!

最高の音源が出来た時の達成感!

 

気持ちはわかりますが、

これを音楽人生のゴールにすると

ほぼほぼ不幸になります。

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【達成感を求めるミュージシャンは

 不幸になる法則!?】

 

です。

 

 

・ライブがミュージシャンにとって

 最高の舞台だ!

 

・今までに聞いたことがないような

 素晴らしい曲を作るのが最終目標だ!

 

などなど、

作品作りやライブでのパフォーマンス

を音楽人生のゴールにしたがる

ミュージシャンは多いです。

 

というか、

ほとんどそういう人だらけです。

 

 

僕を含めて、

なんらかの表現欲求が強い人種が

音楽なんてものをやるので、

当たり前といえば当たり前。

 

これ自体は悪いことではないし、

ミュージシャンとして

健全なメンタルです。

 

ライブ観客

 

しかし!

 

 

これこそが、

音楽業界を破壊し、

斜陽産業にしてしまった

根本的理由だ!

とも、今の僕は思っています。

 

 

なぜなら、

 

【達成感を得ると

 普通の人の心は

 モチベーションを保てないから】

 

 

最高のレコーディングが終わった!

最高のライブが終わった!

 

と、達成感を得ると、

不思議なことに

人間の心というのは

モチベーションを下げようと

無意識にバランスを

取り始めます。

 

 

達成感が大きくなればなるほど

この揺り戻しは大きくなります。

 

 

ワールドツアーを

大成功させたミュージシャンが

そのあとアル中になったり、

ドラッグ漬けになったりして

せっかく築いたキャリアを

簡単に棒に振ってしまうことが

結構あるのも

 

【大きな達成感を求めて

 成功してしまったから】

 

というのが、

大きな理由の一つだったりします。

 

 

そこで僕は思うのです。

 

「もっと本質的に

 幸せなミュージシャンが増え、

 かつ良質のファンが増えて、

 音楽業界全体が

 本当に盛り上がる

 現代に合った方法はないのか!?」

 

と。

 

 

実はあるのですが、

今回はまだ

ジらしておきます。(笑)

 

 

今回一番お伝えしたいことは

 

【ライブや音源制作など

 達成感の大きなものを

 人生の目標にすると

 不幸になる傾向が強い!】

 

ということ。

 

 

もちろん、

これを知った上で

 

「それでもやっぱり

 ライブできればいい!」

 

という人は、

それも一つの道。

 

きっとあなたに

合っているので

そのまま突き進めば

いいと思います。

 

僕はその純粋な欲求を

絶対に止めません。

 

 

が!

 

 

強い達成感こそないが、

好きな音楽と最高のファンに

毎日囲まれ。

 

自分のやりたいペースで

ライブや音源制作ができ。

 

そして収入や心が常に安定して

「幸せを感じられる音楽人生」

を歩むことができる!

 

そんな人生に興味がある人は

新しい価値観を持つ

現代のミュージシャンとして、

僕と一緒に日本の音楽業界を

変革していきませんか!?

 

 

そしてそして!

 

それができる確率が高いのは

今現在、サラリーマンとして

日々頑張っている人。

 

その上で、

音楽に対する並々ならぬ情熱を

捨てきれず、燻らせている人。

 

実はそんなタイプの人こそ

今の音楽業界を変えられる

 

「フラットモチベーション

 タイプミュージシャン!」

 

だと、今の僕は考えています。

 

 

このプロジェクトの

さらなる詳細は、

またのちほど

お知らせいたしますね。

 

 

今日も1日ガツンと

グルーヴしていきましょう! 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。