音楽で食べていけるくらいの収入って具体的にいくら!?

IMG_7412.JPG

「好きな音楽をやって

 食べていけるくらいの

 収入があれば十分です…。」

 

ってよく言ってる人いますが、

これって具体的にいくらくらい!?

 

疑問にお答えしてみました。

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【音楽で食べていける

 くらいの収入って

 具体的にいくら!?】

 

です。

 

 

この質問、

僕は職業柄たくさんの方に

してきたので、

自己統計を持っています。

 

 

多くの方の答えを

ざっくり平均すると、

「食べていけるくらいの収入」

というのは、どうやら

月収15万〜20万円らしいです。

 

月20万円として

年商に直すと240万円。

 

どうですか?

音楽で年240万円稼ぐ生活。

 

人によっては、

いいなぁと思う人も

いるかもしれません。

 

 

が、さらなる結論を言うと、

 

【年商240万円では

 全然生活できません!】

 

なぜなら、

ここから税金が抜かれるから。

 

バイト代に毛が生えたような

年商からさらに税金が引かれる。

 

特に近年の日本の税率は高いです。

 

税金対策など何もせずに

申請すると、

これまたざっくりとですが

おおよそ半分お国に徴収される!

 

というイメージでいてくれれば

そんなに誤解がないかと思います。

 

 

年間であなたが

使えるお金は

ざっくり半分の120万円。

 

そこから家賃、光熱費、

楽器代、機材代、交通費

などなど諸々を支払ったら、

もうカツカツですよね。

 

 

そして、そんな経済状況だと

いい音楽なんて作れません。

 

そうやって、

多くの才能あるミュージシャンが

自らの首を絞め続ける文化が、

残念ながら今の日本の音楽業界です。

 

 

でも、ここでちょっと

考え方を変えてみてください。

 

 

【ミュージシャンは

 本質的に個人事業主!】

 

自らの知恵と経験を音に変え

それで世の中に価値を提供し、

見えない幸せを見える形にする!

 

これぞミュージシャンの本懐です。

 

 

ミュージシャンを

自由な個人事業主と考えたならば

食べていけるくらいの収入、

の金額が変わってくるかと思います。

 

なぜなら、

毎年自分のレベルを上げるために

自己投資するお金が必要だから。

 

ミュージシャンは

【感動した体験が

 そのまま価値になる商売】

です。

 

 

それは、

まだ見ぬ土地への旅行なのか?

はたまた一流のエンターテイメント

を体感することなのか?

または、一流の料理を食することなのか?

 

人によって色々だと思いますが、

そういう体験にお金を投資することで

直に提供できる音楽やサービスの

質が向上していきます。

 

 

逆にいうと、

どんなにセンスや

才能があったとしても

新しい感動体験に投資ができない

ミュージシャンは遅かれ早かれ

消えていく宿命なのです!

 

 

厳しい言い方ですが、

貧乏なミュージシャンは

自然淘汰されていくのが

資本主義のシステムなのです。

 

 

そして、このシステムは

現在音楽業界全体に

適用され始めています。

 

つまり、時代の流れに

乗っている業界がどんどん伸びて、

残念ながら音楽業界は

淘汰される方向に動いています。

 

 

業界というと

イメージ湧きにくいですが、

要は一人一人のミュージシャン、

音楽関係者の集まりです。

 

そして、この一人一人の

ミュージシャンの大多数が、

「好きな音楽やって

 食べていけるくらい、

 月20万円も稼げれば

 十分じゃないかな。」

 

という思考だから、

音楽業界全体が斜陽産業に

成り下がってきてしまった!

 

僕は、大袈裟ではなく、

そう分析しています。

 

だから、

僕がプロデュースする案件は

 

【全て最低1000万円の年商】

を狙えるものしか提案しません!

 

個人事業主として、

ずっと成長し続けるには

最低そのくらいの年商が

必要だからです。

 

 

恋人や家族を守るにも

最低そのくらい必要ですしね。

 

色々な面から考えて、

最低1000万円は稼いでいます!

 

と、胸を張って言える

ミュージシャンを

生み出し続けるのが

僕の一つの使命と

考えています。

 

 

そしてそんなプロジェクトを

来年は動かしていきます!

 

詳細はまた次の機会に。

これを読んでワクワクしてきた人は

ぜひ今後も詳細チェック

よろしくお願いします。

 

 

本日もガツンと

グルーヴしていきましょう! 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。