音楽でトップ10%に入るためのメンタルトレーニングとは!?

371801c1163dd3ca15fd8217168c3688.jpg

アスリートを始め、
どんな職業の人でも
トップ10%に入らないと
理想通りの生活は手に入らない。

もしこれが本当なら
音楽家はどうしたらいいの!?

その答えについて書きました。

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサー
の斉藤彰広です。

今回のテーマは

【音楽でトップ10%に入るための
メンタルトレーニングとは!?】

です。

ちょっと厳しい数字ですが、
どうやらどの分野でも
トップ10%に入らないと
いわゆる「自由な人生」
は手に入らないようです。

そして、トップ10%に
入るには、専門的な能力も
もちろん大事ですが、
それ以上にメンタルに違いがある!
ということがわかってきています。

わかりやすいので
オリンピックに出場する
アスリートを例に出して
その違いを解説してみます。

運動 4スタンス理論.jpg

だいたい
同じくらいの成績や能力
なのに、競技というのは
はっきりと金銀銅などの
順位をつけます。

その際、
銅メダル以下、
つまり3位以下の人の
メンタルというのは、

【勝てるかどうか不安】

というメンタルを
強く持っているようです。

それは、怪我なのか?
単純に準備不足なのか?

いろいろ理由はあると思いますが、
いずれにせよ、今回の勝負は
自分は負けるかもしれない…!?
と、思っている選手は
案の定3位以下になることが
多いそうです。

世界2位である銀メダル。
これを獲得する選手が
もちやすいメンタルは

【勝つことしか考えられない!】

 

つまり、自分が勝つイメージだけは
強力にイメージできる。

もっというと、
それしか考えられない!

こういうメンタルの持ち主は、
銀メダルになることが多いそうです。

そして、世界一位!
金メダルを取る人のメンタルは
どんな感じなのかというと。

【最高の勝ち方と、
最悪の負け方の両方を
明確にイメージできる!】

こういうメンタルを持った人が
金メダルに輝く確率が高い!

ということが、どうやら
わかってきているらしいです。

さて、まとめます!

音楽の世界で、
金メダル級、つまり
トップ10%の成果を出すには、

【ポジティブだけでも片手落ち
ネガティヴだけでも片手落ち
両方をイメージして
パフォーマンスし続けられる
メンタルを持つこと!】

平衡イメージ

こういうことが言えそうです。

ミュージシャンはまだまだ
メンタルトレーニングの分野が
遅れまくっている業界。

でも、実はアスリート以上に
メンタルが直接影響する
分野でもあるのが音楽です!

だからこそ、
メンタルも含めた総合的な
トレーニングをしないと
ミュージシャンとして
大成は不可能!

というのが、僕の持論であり、
実際の結果だと思います。

もし音楽を志すあなたならば
半端なミュージシャンではなく、
トップ10%に入る
ミュージシャンを目指しましょう!

そんな強く、しなやかで、
自由なミュージシャンを
たくさん生み出すのが、
僕の生きがいだとも
思っています。

ピンときた人は、
是非メンタルトレーニングを
取り入れてみてください。

また、このあたりについても、
近々僕が直に解説する講座を
開催したいと思います。

ご興味ある方は
引き続きメルマガを
チェックお願いしますね。

今日も1日ガツンと
グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。