普通の人が天才的なクリエイティブ人間になる方法!?

10873464_779805192101926_9024260250762358566_o.jpg

自分はクリエイティブじゃない…。

 

ミュージシャンでありながら、

実はそう悩む人は多いです。

 

そんなあなただからこそ

創造力豊かなクリエイティブパーソン

になる方法をお伝えします!

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【普通の人が天才的な

 クリエイティブ人間

 になる方法!?】

 

です。

 

 

これは結論から行きましょう!

 

【アドリブセッションをやろう!】

アラカンセッション

 

これだけだと、

「へ?」という顔をしている

読者の皆さんが見えるので、(笑)

簡単に解説していきますね!

 

 

ダニエル・カーネマンという

ノーベル経済学賞を受賞した

認知心理学者の方が

いらっしゃいます。

 

彼の研究結果によると

人間の脳というのは

 

1 ファスト(速い思考)

=直感的・感情的な思考

 

2 スロー(遅い思考)

=論理的・理性的な思考

 

 

という2種類の動きをしている

ことがわかってきています!

 

 

そして、

この二つの脳の使い方というのは

同時には決してできません。

 

必ずどちらかの思考法を

状況に合わせて脳が判断し

無意識に使い分けているのです!

 

 

ただ、日頃から

どちらかに偏っていると

常にそういう思考になる

傾向が出てきます。

 

 

考え方の癖みたいなものですね。

 

そしてこれは

これまでの人生で身につけてきた

メンタルブロックとも

大きく関わってきます。

 

例えば、

親から厳しく躾けられ

真面目で完璧主義な価値観を

強く持ってしまった人。

 

こんな人は、

 

「〜するべき」とか

「〜しなければいけない!」

などが口癖。

 

 

この時間違いなく

 

2 スロー(遅い思考)

=論理的・理性的な思考

 

な脳の使い方をしています。

(だからダメだ!

 という話じゃありませんよ。)

 

そして、こういう思考法が

癖になっているので、

常日頃からスローで

論理的に考えます。

 

 

もうお気づきのように、

1と2の脳の使い方は

同時にはできません。

 

なので、このタイプの人は

直感的な思考や、

創造力を働かせることが

どんどん苦手に

なっていくのです。

 

 

でも!

 

ミュージシャンならば

その罠からうまく

脱却する方法があります!

 

そう、

 

【アドリブセッション】

ライブギターバトル

です。

 

 

アドリブセッションは

瞬間の音での会話。

 

つまり、常に

1 ファスト(速い思考)

=直感的・感情的な思考

 

で脳を使わざるを得ない

状況になるのです!

 

 

僕の経験上も

アドリブプレイヤーは

クリエイティブな人が多いです。

 

世の中をひっくり返すような

クリエイティブパーソンに

あこがれる人は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

本日もガツンと

グルーヴしていきましょう! 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。