バンドを成功させたかったら絶対レコーディングするな!?

b95b15a33394ed9b9a196c8bfac947ad.jpg

今回は熱心なメルマガ読者 

の方から頂いた質問に 

がっつりお答えして 

いこうと思います! 

 

 

こんにちは! 

 

ミュージシャン起業プロデューサー 

の斉藤彰広です。 

 

今回のテーマは 

 

【バンドを成功させたかったら

 絶対レコーディングするな!?】 

 

です。 

 

 

前回ご紹介した 

ペンネームオギーさん

(整体師)からの 

赤裸々な告白は 

ご覧いただけましたか? 

 

 

オギーさんが抱えている 

問題にお答えしやすく 

するためにも 

もう一度質問メール内容を 

要約しておきましょう! 

 

 

「現状」

オギーさん 38歳 

男性 整体師(自営業)

 

自宅で整体をしているので、

時間の融通は利く。

 

アマチュアで

ロックバンドをやっている。

ギターボーカルで

オリジナル曲を書いている。

 

メンバーとは週一で

熱心に練習している。

また、メンバーは家族がいたり、

会社役員だったりする。

 

ファンが作れない。

まずは30人のファンが

欲しいと思っている。

 

月一でライブか

レコーディングをしている。

 

音源ができたらネット配信したり、

自分たちの音楽がマッチする

ライブハウスでライブをする予定。

 

 

・目標

45歳までに

300人規模のワンマンライブ!

小さくてもいいので

音楽フェスに出演!

ライブ観客

 

レーベルなどに所属せずに

この夢は叶うのでしょうか!?

 

 

以上、

もっと長文のメールだったのですが

ざっくり要約させていただきました。

 

 

まずはこの質問から

お答えしましょう。

 

Q

>レーベルなどに所属せずに

>この夢は叶うのでしょうか!?

 

A

楽勝です。

むしろご自分

ですべての責任を取って

フットワーク軽く活動した方が

成功確率が上がるでしょう!

運動 4スタンス理論.jpg

 

もう今の時代、

本当にこれが答えです。

 

ミュージシャンは

本質的に個人事業主!

 

ここでは再三

そうお伝えしてきましたが

今回も、まさにこの法則が

生かされる案件です。

 

下手に音楽だけを

作らせるような

レーベルに所属すると

よっぽどサウンド自体が強力で、

かつルックスが整っていて

さらにはマーケティングに長けた

ブレインが付いてくれる、

そんな夢のような状況でない限り

音源をヒットさせるのは

至難の技でしょう。

 

 

だとしたら、

すべて自分でコントロール

できた方が、

明らかにストレスなく

しかもヒットの確率自体を

格段にあげることが可能です。

 

 

ではこれから

その具体的な戦略について

お伝えします!

 

 

これもまずは

結論から言いますね。

 

 

【フェスに出たかったら

 まずは自分が

 フェスの主催者になろう!】

 

 

これです!

 

 

音楽フェスの

ブッキングをする人の

気持ちになってみましょう。

 

はっきり言って、

集客力のあるバンドに

できるだけたくさん

出演して欲しいのです!

 

だって、

大規模なフェスになればなるほど

経費が莫大にかかるから。

 

つまり、お客さんを

たくさん呼べなければ

大赤字になるわけです!

(当たり前 笑)

 

だから、最低でも

潜在的なファンの数が

1万人はいるバンドじゃないと

とてもじゃないけど

怖くてオファーできないでしょう。

 

しかも、

フェス運営ってタイヘンです!

 

僕も特別な配慮をもらって

あえてスタッフ側で

裏側からとあるフェスの

運営を見させてもらった

ことがあります。

 

楽しい経験ではありましたが

やはり想像以上にタイヘンです。

 

採算がとれるかのプレッシャー。

実際の現場運営のトラブル回避。

 

もう想像しただけで

大変でしょ!?(笑)

 

だから、毎年毎年

よりよい運営方法はないのか!?

 

と、血眼になって

そのノウハウを研究

しているのです。

 

 

そんな風に日々頭を

悩ませている人の前に

1万人規模の小さいけれど

堅実なフェス運営

をしている主催者で。

 

かつ、その主催者のバンドも

かなり人気があるらしい。

 

となったら、

飛びついて話を聞きたがる

と思いませんか!?

 

動員力も見込めて、

独自のフェス運営ノウハウも

教えてもらえるかもしれない!?

 

僕が、フェスの主催者だったら

万難を排して会いに行きますね!

 

 

もし僕がフェスにでたい!

と思ったなら、

まずそんな戦略を描きます。

 

そして、そこへつなげるためには

もちろん自身のバンド自体が

ある程度力がなければ

そもそもお話になりません。

 

そこで、ファンづくりは

回避できないステップに

なってくるのですが。

 

この時、

ほとんどのミュージシャンが

陥る罠があるので、

先に回避法をお伝えしておきます。

 

【絶対にいきなり

 レコーディングするな!】

白黒赤ドラム

小さなスタジオの中で

いい曲ができた!

と自分たちだけで感触を掴む。

 

素晴らしい瞬間ですが、

それが世の中に出て

ヒットするかは別の話。

 

なので、自分たちの中

だけで勝手にいい曲判断をして

いきなりレコーディングして、

配信に踏み出す!

 

これははっきり言って

勝ち目のかなり薄い

ギャンブルです。

 

 

だから、まずは

たくさん実験しましょう!

 

もちろん、自分たちが最高だ!

と思う曲をたくさん作りましょう。

 

その上で、

今は無料でたくさんの人に

届ける手段がたくさんあります。

 

youtubeやフェイスブック、

はたまた路上ライブなどなど。

(実際は道交法違反なので

 おすすめできませんが。)

 

この辺りも、

細かいマーケティング的

コツがありますが、

ありすぎるので割愛。

 

いずれにせよ、

まずは簡単な動画で

たくさんの人の目に触れさせます。

 

そうすると必ず、

「え!?この曲他のに比べて

 明らかに視聴数伸びてない!?」

 

というヒットの種を

見つけることができます。

 

これが見つかったらしめたもの。

 

こういう曲だけに絞って

レコーディングしたり

PVを作ればいいのです。

 

そして、この活動自体が

徐々にあなたの音楽の

ファン作りになっています!

 

 

300人くらいのハコならば

レコ発ライブで簡単に

満員にできるでしょう。

 

そうやって、

少しづつ成長させながら

同じくらい動員力と音楽力の

あるバンドと交流していき、

いいタイミングで

そういう人たちを呼んで

自分で小さなフェスを

開催するのです!

 

 

もちろん、ここまでにするのに

細かい作業や、

深い試行錯誤が必要でしょう。

 

が、確率的には

かなりの高さで

オギーさんの夢は

叶うと思います!

 

 

ピンときたら

是非参考にしてみてください。

 

 

以上回答でした。

 

 

いかがでしょうか?

 

今の時代、

他のミュージシャンが

一般的にやっている手法や

考え方で音楽をやっても

まったくヒットしません。

 

ぜひあなたに似合った

戦略を考えてみてください。

 

それでは本日もガツンと

グルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。