音楽家必須の質問「あなたは何日寝ていられますか?」

IMG_7826.JPG

「あなたは病気になった時

 何日寝ていられますか?」

 

この質問に答える数字で

音楽家としての成功度が

見えてきます!

 

今回はそんなお話。

 

 

こんにちは!

 

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

今回のテーマは

 

【音楽家必須の質問

 「あなたは何日

 寝ていられますか?」】

 

です。

 

 

先日15年ぶりに風邪を引き、

超久々に1日半寝込んでいた。

 

と、ご報告いたしました。

 

「バカとなんとかは

 風邪をひかない」

とよく言われますが、

これで、15年越しにて

ようやく僕がバカではないこと

が証明できました。(笑)

 

という、どうでもいい

個人的な話は置いておいて。

 

本当に久しぶりに寝込んでいて

あることに気づきました。

 

 

「あぁ、今の自分は

 ようやくいくらでも

 寝ていられるようになったから

 風邪を引いたんだな。」

 

と。

 

 

今ではおかげさまで

様々な人の助けや

ネットの力を借りることで

僕自身が働かなくても

だいぶ収入が安定して

入ってくるようになりました。

(心より感謝です。)

 

こうなると、

ぶっちゃけ一週間でも

一ヶ月でも寝転んでいられます。

 

 

羨ましい!

と思いましたか??

 

そう思う人も

多いかもしれませんね。

 

でも事実は逆です。

 

こういう状況になると

ミュージシャンという人種に

とっては結構な地獄です。

 

なぜなら、

 

「やりたくて

 音楽をやっているから」

 

基本的に、

何もしなくていいよ!

何もしなくてもお金あげるよ!

と言われると、

不安になって

何かやりたくなって

しまうのが、職能集団である

ミュージシャンたちの

困った性質なのです。

バンド練習

だから根本的に

金儲けだけしたい人には

効率が悪すぎて

向かない職業なのです。

 

 

でも!

 

やはり僕としては

ミュージシャン志望の皆さんには

ぜひとも自分が動かなくても

収入が入ってくる仕組みを

構築していただきたい!

と心から思っていますし、

そのサポートをしたいと

心から思います。

 

なぜなら、

 

【休まず働いて必死に

 作り上げたキャリアも

 病気をしたら一発で終わり!】

平衡イメージ

だから。

 

 

体の病気はもちろん、

心の病気も含めて。

 

一生懸命休まず働けば

働くほど、心身を壊す

可能性は格段に高くなります。

 

また、やりたくてやってしまう

ミュージシャンだからこそ

くる仕事拒まずで

最悪な状況に無意識に

自分を追い込んでいる

可能性がかなりあります。

 

僕はたまたま両親が

超健康に産んでくれたので

これまで大きな病気は

せずに音楽の道を

走り抜けてこれました。

 

ただ、これはあくまで

運が良かっただけ。

 

他の人に、

同じような道を行け!

とは、口が裂けても

言えない自分がいます。

 

だからこそ!

 

【キャリアの初期から

 自分が休んでも

 仕事がまわる仕組み

 を意識して働こう!】

芝さん セッション グリーンスタジオ

 

と、僕は声を大にして

皆さんに提案いたします!

 

 

ちなみに皆さん

今の現状で連続何日間

休んでいられますか?

 

一日も休めない。

有給を使って一日。

3日は大丈夫。

 

様々な状況が

あるかと思います。

 

もちろん、現状で

最大のパフォーマンスを

発揮できないと

次のステージには行けません。

 

ぜひ、今の現状で

でき得る最大限の

パフォーマンスを

目指してくださいね。

 

その態度を

基本に持った上で。

 

 

僕が思う理想の状況は

 

【毎月一週間

 連続で休める状況。】

 

です。

 

つまり月の4分の1は

お金を得るための仕事は

しなくてもいい!

 

という状況に

自分を置くことです。

 

 

この状況が得られれば

大抵の病気には

対処できるでしょうし、

そもそも大病にならないように

事前予防に気を配る

余裕も生まれるでしょう。

 

また、別に病気への対処の

ためだけに時間を使う

必要もありません。

 

旅行好きな人ならば

まったく行ったことのない

土地に行って、

新しい人々とであい

全く新しい音を聞いてくる!

なんて、自分磨きの旅を

してもいいでしょう。

 

少し時間をかけないと

体得できないような

楽器テクニックを集中して

身につける時間に

してもいいでしょうし、

一流のレッスンプロの

時間を買う時間にしても

いいかもしれませんね。

 

ご家族がある方ならば

お子さんやパートナーとの

絆を強めるための

素敵な時間に投資しても

いいかもしれません。

 

いずれにせよ、

これらの時間は

よりよい人生への投資。

ひいてはよりよい

音楽人生への

最大効率の自己投資に

なってくるのです!

 

もうお分かりでしょう。

 

ただ単に、

目の前の音楽仕事を

こなすだけの人間と、

有り余る時間とお金を

よりよい自分に投資し続ける

ザ・ミュージシャンの人生の質。

 

長い目でみて、

どちらのキャリアが

伸びていくか?

 

多くの読者の方には

もう明白でしょう。

 

 

僕は久々に寝込んで

こんなことを考えました。

 

むしろ、今までは

倒れたらそれで終わり!

という恐怖感があったから

かろうじて元気で動いていた。

 

という自分がいたような、

そんな気すらしています。

 

 

何が幸せか?

は人それぞれなので

今回の内容はあくまで

僕の一例です。

 

でも、これを読んで

何か感じた人は

ぜひ改めて、

 

「自分にとって

 本当に幸せな音楽人生とは?」

 

この質問を自身に

 

投げかけてみてください。

 

2017年からの

音楽人生をグルーヴさせる

ヒントがつかめるかもしれません。

 

 

さて、明日も一日ガツンと

グルーヴさせていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。