プロミュージシャンの条件とは!?

3837820191a7d64419a3ffcd59d64a2c.jpg

今回のテーマは
【プロミュージシャンの条件とは!?】
 
という記事がとても好評でしたので、
今回はさらにそのテーマを
深めてみたいと思います。
 
とても曖昧な
プロミュージシャンと
アマチュアミュージシャンの違い。
 
演奏技術がそこらへんのプロを
余裕で上回っているアマチュアもいます。
 
とても上手いのに、
音楽だけでは生計が立たない
プロミュージシャンもいます。
 
ちょっと考えただけでは、
プロとアマの違いって分かりにくいですよね。
 
でも、音楽の世界で考えるから
分かりにくいのであって、
本来プロフェッショナル論というのは
どの業界、どの分野でも
僕は同じだと考えます。
 
 
では、どう同じなのかというと、
 
 
 
【「顧客の人生を幸せに変える」
 という結果にこだわり続ける!】
 
幸せの音楽
 
これがプロの条件だと思っています。
 
 
 
 
どいういうことかというと、
例えば矢沢永吉さん。
 
彼は自ら事務所の社長として
スタッフの生活を幸せにし、
変化させる事にこだわり続けています。
 
そして、その姿勢が音楽にも
モロに出ていて、
常に新しいアルバムを製作し、
新しいメッセージを
ファンに送り続けています。
 
その影響力は凄まじく、
「永ちゃんに憧れて俺も社長になったよ!」
とか、
「永ちゃんみたいに成り上がりたくて、
 上京して頑張っているよ!」
 
なんて人が、無数にいるのです!
 
これぞ、矢沢永吉さんが
長く最前線に居続けられる理由。
 
まさに、
【顧客の人生を幸せに変えることに
 こだわり続けている!】
のです。
(ご本人はそう思っていないかもしれませんが、
 現実にファンの人生が変わっています!)
 
逆に、ただ良い音楽を売っている
ミュージシャンの寿命は短い。
 
時流に乗ってすごく売れて、
東京ドームをいっぱいにできても、
5年後に同じく東京ドームを
埋められるミュージシャンは
ほとんどいません。
 
もちろん色々な要因が
あるとは思いますが、
一つ間違いなく言えるのは、
 
【良い音楽を売るだけで、
 人の人生を変えてはいない。】
 
一瞬だけ、
日々の疲れや、大変なことを
忘れさせる清涼剤としては
最高の効果を発揮する音を
作っているかもしれません。
 
が、人間とは忘れる動物。
 
その程度では、
長い目で見ると、
全然心に残らないのです。
 
その人の人生を変えるような衝撃を
与えるという結果にこだわる!
 
このレベルで音楽そのものに
取り組んでいるミュージシャンのみが
ずっと残り続けているように
僕には感じられます。
 
 
こう書くと、なんだか大層なこと
のように感じるかもしれません。
 
でも、例えば町の普通の食堂。
 
一見変哲もない食堂だとしても、
そこのおかみさんやマスターが、
食べ盛りだけど、金のない学生や若者に
「お金は後でいいよ。出世してからな!」
なんて感じで、その人の人生を応援し続けたら
どうなるでしょう!?
 
もちろん商売である限り
程度がありますし、
すべてツケにしたらいけません。
 
が、そういう風に他人の人生を応援し、
幸せに変化させる仕事をし続けた
昔ながらの食堂は
今でも残り続けていますよね。
 
なぜなら、強力なファンが味方になり、
その中の数名はスーパースターになったり
超実力者になったりするのですから。
 
 
ということで結論!
 
【「顧客の人生を幸せに変える」
 という結果にこだわり続ける!】
 
これがプロミュージシャンの条件であり、
全ての分野で一つ共通の
プロフェッショナル論だと思います。
 
今の現状、実力は
ぶっちゃけ関係ありません。
 
あなたの今の立ち位置で、
この精神を宿すことができたら
もうプロだと思います!
 
 
こんな突っ込んだプロフェッショナル話も
ふんだんに盛り込んでお伝えしている
 
 
 
 
 
 

ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。