頑張っているのに上手くいかない人はフォーカスを!

54ba61451838c018621f17147905a350.jpg

頑張っているのに 

なぜか結果が出ない。 

 

そんな人は 

能力が低いからではなく 

能力が高いからこそ 

そうなってしまっている 

可能性があります!? 

 

 

こんにちは! 

 

ミュージシャン起業プロデューサー 

の斉藤彰広です。 

 

 

今回のテーマは 

 

【頑張っているのに 

 上手くいかない人は 

 フォーカスを!】 

 

です。 

 

 

頑張っているのに 

なぜか上手くいかない…。 

 

職人気質の高い 

ミュージシャンに 

なればなるほど 

この罠にハマっている 

と思います。 

 

 

そして、 

この罠にハマった人は 

「自分の能力が 

 まだまだ低いからだ!」 

と思い込み、 

さらに猛練習や 

厳しい修行を 

自分に課し始めます。 

 

ところが、 

やればやるほど結果が出ない! 

 

ファンがつくこともなければ、 

褒められることもない。 

 

挙句の果てには、 

同じように 

盲目的な猛練習を 

人生の信条にした

金もないのに、 

批評家としてはうるさい 

という、かなりメンドくさい 

自分と同種の奴らに絡まれて、 

音楽が嫌になっている…。 

 

なんて、大袈裟じゃなく 

本当に起こっています! 

 

 

なぜこんなことに 

なるのでしょうか? 

 

冒頭でも言いましたが、 

これは能力が低いから 

ではありません。 

 

むしろ、能力が高いからこそ 

こういう悲劇が起こっています! 

 

 

なぜかというと、 

 

【いろいろ出来すぎて 

 エネルギーが分散するから!】 

 

能力が高い人の特徴として 

割となんでもこなせてしまう。 

というのがあります。 

 

譜面は初見でいけるし、 

作詞、作曲もOK! 

アレンジもできるし、 

なんなら 

音楽プロデュースもできる。 

 

だからこそ、 

色々な細々とした仕事を 

ほぼ無償で頼まれて、 

断りきれずにやってしまう。 

 

「これも経験だ!」 

 

を魔法の合言葉に、 

年収100万〜300万 

くらいで細々と 

頑張ってしまう…。 

 

これも、能力があるからこそ 

本当によく起こっている 

ミュージシャンの悲惨な現状です。 

 

 

もしそんな状況を 

改善、もしくは避けたいならば 

 

「フォーカス!」 

 

この言葉をしっかり 

自分の中に入れましょう。 

 

 

色々できるからこそ 

本当にやりたいことで 

一番効果の高いことに 

フォーカス(集中)すること! 

 

 

もし、ものごとに 

最良、良、悪、最悪 

という4つのカテゴリが 

あるとするならば。 

 

人生をダメにするのは 

悪や最悪なこと 

ではありません。

 

悪いと本人が

気づいていることならば

人は簡単に止めたり、

改善したりできます。

 

実は人生をダメにする

もっとも強力な要因は

最良を選びづらくする良!

 

だったりするのです。

 

ちょっといいからこそ

切り捨てられない。

 

それを捨てないと

最良のことを選べないのは

わかっているけど

惰性で良を選んでしまう。

 

これが能力が

あるからこそ

結果が出せない人の

頭の中です。

 

 

あなたはこのパターンに

ハマっていませんか?

 

ぜひ胸に手を当てて

自分に問いかけてみてくださいね。

 

 

明日も一日ガツンと

グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。