ザ・若気の至り!3度の倒産危機とは!?

1908259_821041577978287_3070751364546096325_n.jpg

僕はミュージシャンでありつつ
社長業も行っておりました。
 
その時に、
3度の危機を迎えております…。
 
 
こんにちは!
ミュージシャン起業プロデューサー
の斉藤彰広です。
 
今回のテーマは
 
【ザ・若気の至り!
 3度の倒産危機とは!?】
 
です。
 
 
結論から先に行ってしまうと、
僕は20代の間に、
 
【1 バンドメンバーの自殺】
 
【2 お金と
  クリエイティビティのバランス】
 
【3 リーマンショック!】
 
という3度の危機を
見事(?)迎えております。
 
 
正確に言うと、
一回目の危機は「倒産危機」
ではないのですが。
 
今思えば、
バンド活動というのは
立派な経営活動。
 
そう思えば、
僕のもともと持っている
生まれつきの気質、
後天的に得た未熟な価値観、
コミュニケーション能力の不足、
などなど、全てが重なって
起こった危機だと認識しています。
 
ここで詳しく書くのは
長くなりすぎるので避けます。
 
が、当時僕が動かしていた
バンドの一番腕利きのメンバーが
僕の知らないところで自殺。
 
親からもらった
先天的才能を持つ人間は
反比例するように
繊細で壊れやすいハートを
併せ持つことが多い!
 
という、
ミュージシャンあるある
な事例を、まざまざと
肌感覚で感じた事件でした。
 
この事件が引き金となり、
僕はバンド活動や
いわゆるスタジオワーク、
サポート活動など、
一般的なミュージシャン活動
から袂を分かっていきます。
 
長くなりましたので、
今回はこの辺で。
 
また自分の整理ために、
そしてもしかしたら
僕の反省の物語が
お役に立てるかもしれない
あなたに向けて、
続きを綴っていきます。
 
明日もガツンと
グルーヴしていきましょう!
 
 
 
追伸
 
今回の事件の詳細は
こちらにまとめておきました。
 
ご興味ある方は
こちらチェックしてみてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00BRAIIIS

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。