最高のアドバイザーを見つける方法

s_11034473_821040741311704_2848627235322841130_o.jpg

先日、明石家さんまさんの

ホンマでっかTVを見ていたら

こんな解説がありました。

 

「プロに写真を沢山撮ってもらう。

 その中から自分が選んだものと、

 プロが選んだものは大抵違う!」

 

芸能人の皆さんは

宣材写真といって、

現在の自分のルックスや

現在の芸に対するスタンスを

一発で表現する写真を

定期的に撮影します。

(ミュージシャンでいうなら

 アーティスト写真

 略してアー写ですね!)

 

これをプロの写真家に頼んで

撮影するわけですが、

自分がいいと思ったものと、

プロが選ぶものは全然違う!

 

なんなら、自分から見ると、

「え!それなの!?

 私を陥れようとしてるでしょ!?」

とすら感じる写真を、

プロには大抵、選ばれるそうです。

 

 

なぜこういうことが起きるのか!?

これを心理学の専門家の先生が

こう解説していました。

 

「自分は自分のコンプレックスが

 上手く隠れた写真を選びがち。

 

 でも、プロは客観的に

 あなたの一番の魅力が現れた

 写真を選ぶからズレるのです!」

 

 

この時僕は、

「なるほど!」

と、手を打ちました。

 

僕も似たような経験が

あったからです。

 

 

そして、この時同時に、

こんなことにも気づきました!

 

【これは最高のアドバイザーを

 見つける方法でもある!】

 

 

どういうことかというと。

 

 

ネット全盛になり、

ミュージシャンは

自分のパフォーマンスを

気軽に手軽に多くの人の前に

露出できる時代となりました。

 

これ自体は素晴らしい

ことだと思うのですが、

便利になればなっただけ、

反対の抵抗が起こるのも

この世の常。

 

その分、会ったこともない

知らないおじさん、おばさんから

急に批判されたり、

急に聞いてもいないアドバイスを

聴かせられる場面が激増しました!

 

 

普通の神経をしている人なら

 

「なんでそんな知らない人に

 急に上から説教垂れられるの!?」

 

と、不思議に思っているはずです。

 

実はこの心理こそ、

ホンマでっかTVでの

解説そのものではないか!?

 

と、僕は気付いたのです。

 

超簡単にいうと、

 

KY(空気読めない)

説教おじさん(たった今、命名 笑)

略してKYSOは。(なんかかっこいい!爆)

 

他人のパフォーマンスを見ると

それこそ勝手に過去の自分の

コンプレックスを投影し。

 

いい年こいて、

自分の心との向き合い方を

全然知らないので、

その時浮かんだ感情を

そのままコメント欄に

ぶつけてしまうのです!

 

実はこの時、

パフォーマンス自体の

内容は全く見ていません。

 

いい悪いを判断している

体をとって話しますが、

実は過去の自分を癒すために

勝手に自分のコンプレックスを

投影して、そこを

攻撃しているだけなのです!

 

他人に自分の汚点を

肩代わりさせているのです!!

 

最高にダサい!!!

 

 

特に心が弱っている時は

その傾向が強く

出ることでしょう。

 

たまたま

体調が悪かったのかも

しれません。

(しらんがな。)

 

たまたま

奥さんと喧嘩

したのかもしれません。

(もっとしらんがな。)

 

たまたま

会社で上司に

怒られたのかもしれません。

(究極にしらんがな!)

 

 

でも、本当にこの程度の動機で

平気で他人のパフォーマンスを

コケにし、バカにし、

他人を落とすことで、

自分の心を安定させようと

無意識にしているのです!

 

 

特に、

駆け出しのミュージシャンは

この餌食になりやすいので

どうぞご用心を。

 

ではどうやって、

KYSOと本物のアドバイザーを

見分ければいいのか!?

 

聡明なあなたは

ここに興味が湧いたのでは

ないでしょうか!?

 

そのコツをドバーンと

お伝えいたします!

 

 

全部で4つあるのですが、

最初の二つは

ネット上など直接会ったことのない

KYSO専用です。

 

 

1聞いてもいないのに

 アドバイスしてくる奴は偽物。

 

2拳の届かない範囲から

 喧嘩を売ってくる奴は偽物。

 

まずはこれです。

 

 

冒頭でも述べたように、

聞いてもいないのに

偉そうにアドバイス

してくる奴は

間違いなくKYSOです。

 

たとえ真っ当なことを言っていても

絶対に言うことを聞いてはいけません。

 

また、いわゆる「ネット弁慶」

と言われるタイプもいます。

 

ネット上だとすごく強気で

喧嘩をふっかけるように

アドバイスしてくる奴です。

 

特に若い女性ミュージシャン

などはターゲットになりやすい。

 

でも、こういうヤカラは

サングラスをかけた

彼氏を同席させて、

実際に目の前で会ってから、

説教してみろ!

というと、間違いなく

逃げ腰になるでしょう。(笑)

 

雑魚なので、そもそも

相手にしてはいけません。

 

 

さらに見分け方のコツ

3つ目と4つ目!

 

これは実際に会って、

それなりの会話や

人間関係を築いている

場合の対処法です。

 

 

3 実績を追求したら

  尻込みする奴は偽物。

 

4 その人のアドバイスで

  結果を出した人の実績を

  追求したらシドロモドロ

  になる奴は偽物。

 

 

で?あなた自身は

一体どういう実績があるのですか?

 

というのをやんわり

聞いてみてください。

 

その時、慌てたら

間違いなくKYSOです。

 

また、別パターンとして

勤めている会社の

実績を語り始めたら

やはりKYSOです。

 

「それお前の実績ちゃうからな!」

 

と言ったらキレるので、(笑)

笑って流し、その後は絶対に

その人のアドバイスは

聞かないようにしましょう。

 

 

そして、最後が一番の決定版!

 

偉そうにアドバイスしてますけど

あなたのいうことを聞いて、

実際に成果がでた実績はありますか?

誰かそれで成功していますか?

教えてください!

 

と言った時に、

シドロモドロになったら

100%KYSOです!

 

アドバイスとは、

された相手が理解できて、

行動に移すことができて、

さらに結果がでたら

初めてアドバイスなのです!

(ですよね?)

 

結果がでないアドバイスは

そもそもアドバイスでは

ありません!

 

KYSOはそもそもここまで

「アドバイスの定義」

を熟考してからモノを話す

ということをしていません。

 

だから自分がスッキリする

ためだけのペラペラの

アドバイスを言い放ち。

 

その結果には全く

責任をとってくれません。

 

こうして冷静に考えてみると

かなりひどい奴ですよね!(笑)

 

 

でも、ここまでくると

本物のアドバイザーの

見つけ方も見えてきます。

 

 

1聞いてもいないのに

 アドバイスしてくる奴は偽物。

 

2拳の届かない範囲から

 喧嘩を売ってくる奴は偽物。

 

3 実績を追求したら

  尻込みする奴は偽物。

 

4 その人のアドバイスで

  結果を出した人の実績を

  追求したらシドロモドロ

  になる奴は偽物。

 

 

これに当てはまらない人を

探せばOKです!

 

 

もし、あなたの人生が

KYSOにやられそうだったとしたら。

 

少しでも参考にしていただき、

より自由に楽しい自己表現を

展開していっていただけたら幸い。

 

明日もガツンと

グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。