日本の音楽業界が復興し、あなたが音楽家として豊かになる方法!?

4A64A42C-BEB3-407D-BA63-D7516221A9C0.jpg

現在の日本の音楽業界は

はっきり言って下火です。

 

当たり前ですが、

音楽専業で食べていける人の

数もどんどん減っています。

 

もっと言うなら、

せっかく音楽をやっているのに

ギリギリの生活で、実際は

全然幸せそうじゃない

エセプロミュージシャンも

ドンドン増えています!

 

 

この状況を変えて、

あなたも幸せなミュージシャン生活を

手に入れたいと思いませんか?

 

 

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

今回のテーマは

 

【日本の音楽業界が復興し、

 あなたが音楽家として

 豊かになる方法!?】

 

です。

 

 

結論からお伝えします!

 

 

【みんなで

 クリティカルマスを

 獲りに行こう!】

 

 

これが

あなたが音楽家として

十分な生計を立て、

かつ日本の音楽業界が

最盛期よりもいい形で

復興する一手だと確信しています!

 

 

「クリティカルマス」

とはそもそも何か?

 

おそらくマーケティングの

専門用語だと思います。

 

辞書的に説明すると、

 

【全体数の13%の認知を得ると

 大多数が知っている状態

 となる域値】

 

もっとミュージシャンらしく

わかりやすく説明すると。

 

【日本の全人口の13%以上が

 音楽と親しむ生活を

   送るようになると

 音楽文化が日本全体に浸透する!】

 

つまり、音楽業界が以前よりも

最高の形で復活し、

かつ一過性のブームではなく、

文化レベルで日本に根付くのです!

 

 

そうなると、

例えばどんなことが

起こるでしょうか?

 

毎日、あなたの住む街で

最高のライブやセッションが

開催され、

かつそれらのイベントが

常に満員御礼で、

優秀でご機嫌なミュージシャンの

交流の場が劇的に増える!

 

もちろん、自分の音源販売や

ライブチケットも

飛ぶように売れるので

音楽だけで生きていく確率が

格段にあがる!

 

さらに言うならば、

音楽だけで十分な資金を稼げるので

結婚して家族を作るのも容易になる。

その結果、小さな頃から

ご機嫌な音楽に触れる子供が増え、

長い目で見ると日本の音楽レベルが

格段に上がり、

さらにご機嫌な国になる!

 

こんな未来が描けます!!

 

 

日本の音楽は、

大昔「河原乞食」と呼ばれる

人たちが大衆では

主に演奏していました。

 

生まれながらにして

目が見えなかったり、

体に障害があって

まともに仕事ができなかった人。

 

そういう人たちが

河原で三味線を弾いたり

長唄を歌ったりして、

町民からおひねりを恵んでもらい

なんとか生活していたのです。

 

当時は今と違い、

身分制度のはっきり分かれた世界。

 

一度河原乞食になってしまった人は

もう二度とそれ以上の

身分にはなれません。

 

そうして、かわいそうなことに

大衆の音楽を担っていた

「河原乞食」は、常に

卑下され、見下され、

社会的な弱者として

一生を終えていたのです。

 

そして現代に戻ります。

 

もちろん「河原乞食」

とまではいきませんが、

現在の日本の音楽家に対する

一般的な意識は、

けして高くありません!

 

けしてミュージシャンとして

尊敬なんてされていません。

 

むしろ、社会不適合者の集まり!

なんて見方をされることも多いです。

 

ヨーロッパなど

海外の文化背景を持つ人たちが

ミュージシャンに対してとる

態度や敬意と比べれば

はっきりわかります。

 

日本人は無意識に

音楽家という人種を

見下しています!

 

もちろん個々人になると

音楽への愛が深い人もいるのも

知っています。

 

が!

 

大衆心理となると話は別。

 

日本ではまだまだ

音楽は文化として

深く浸透しておらず、

まだまだ社会的に低い位置に

置かれているのです!

 

 

そこで!

 

【ミュージシャン全体で

 クリティカルマスを

 獲りにいこう!】

 

なのです。

 

 

実は音楽業界最盛期でも

クリティカルマスは獲れていません。

 

数人のスーパースターが

時代の流れにのって生まれる

だけではダメなのです。

 

もっと文化レベルで

音楽を浸透させる、

新しい価値観を持った

ミュージシャンチームが必要です!

 

 

ちょっと長くなったので、

今回はここまでにします。

 

具体的にどうやったら

クリティカルマスを獲れるのか!?

そしてそのためにあなたに

何ができるのか?

 

今後の記事で

僕の考える戦略を

少しずつお伝えしていきます。

 

 

明日もガツンと

 

グルーヴしていきましょう!


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。