1年後に確実にステージがあがる音楽活動の設計図持っていますか?

734FE888-5ACB-4B82-B3B9-79D9C6E8ED71.jpg

あなたは1年後に

こんな音楽生活になっていたい!

というビジョンを持っていますか?

 

そして、そこに向けて、

今日の今、何をすればいいのか?

どんな練習をすればいいのか!?

 

しっかりと見えていますか?

 

見えていない人に朗報です。

 

 

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサー

の斉藤彰広です。

 

 

今回のテーマは

 

【1年後に確実にステージがあがる
  音楽活動の設計図
    持っていますか?】

 

です。

 

 

これを読んでいる方は

少なからず音楽で生計を立てたり、

もっと経済的、音楽的、精神的に

自由な音楽活動ができる基盤を

手に入れたいと思っている

方だと思います。

 

 

ところが!

 

じゃ、具体的に

1年後にどうなっていたいの?

 

1年後何をやれるようになっていて、

その能力を元に音楽活動のステージを

どのくらいまで上げたいの?

 

と、質問したら、

パッと答えられる人は

僕の個人統計だと

5%もいません。

 

そして、1年後のビジョンが

決まっていないのですから、

当たり前ですが、

今まさにやるべきことも

ブレてしまいます。

 

その練習は

何のためにやっているの?

 

そのライブが成功したら

次はどこにつながるの?

 

その曲が出来上がったら

次はどうするの?

 

などなどの根本的な質問に

答えることができないので、

貴重な「今」という時間を

無駄に消費してしまいます…。

 

あなたはこんな先の見えない

音楽活動の袋小路に

ハマっていませんか!?

 

 

もし現在進行形で

ハマっていたとしても

どうぞ安心してください。

 

そんなお悩みを解決する

最高の手段をお知らせします!

 

 

答えからいきましょう。

 

【フューチャーペーシング】

 

これを心がけると

あなたの音楽生活は

音を立てて変化を始め、

1年後にはまったく違う

音楽活動のステージで

今とはまったく違う景色の中で

音楽を楽しめるでしょう!

 

で、フューチャーペーシングって何?

 

という疑問があなたの頭の中に

浮かんでいると思います。(笑)

 

 

簡単にいうと、

オリンピックの金メダリストが

実践している目標達成法です!

 

 

金メダリスト

銀メダリスト

それ以下の選手で

単純な能力以上に

明らかに差がでるのが

メンタルだと言われています。

 

具体的にいうと、

金メダリストは

最高の成功イメージと

最悪の失敗イメージ

両方を受け入れることができる

メンタルを持っています。

 

銀メダリストは

最高の成功イメージしか

受け入れるメンタルを

持っていません。

 

そしてそれ以下の選手は

失敗のイメージしか

思い浮かべることができない。

 

ざっくり言うと

こういうメンタルの差

があるそうです。

 

 

そして、この3つのうち

金メダリストのメンタルを

手に入れる習慣作り。

 

これぞまさに

 

【フューチャーページング!】

 

フューチャー(未来)

に向かって、

ペーシング(歩調)

を自分で決め、

コントロールしていく技術です!

 

 

僕はこの技術を

ミュージシャンが身につけると

すごいことが起こる!

と確信しています。

 

なぜなら、

 

【ミュージシャンは

 イメージは得意だから!】

 

クリエイター気質の強い

ミュージシャンという人種は

今はまだない何かを創造するのが

得意な人がとても多いです。

 

なので、メンタルを整え、

しっかりと未来のビジョンを描き、

そこに向かうための

フューチャーペーシングを

自分でできるようになれば

自ずと成功してしまうのです!

 

 

近々、あなたの状況に合わせて

具体的にフューチャーペーシングを

していく方法を公開しますので、

ご興味湧いた方はどうぞお楽しみに。

 

 

明日も1日ガツンと

グルーヴしていきましょう!

 


ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。