音楽で小銭を稼ぎに行ってはいけない理由!?

10860868_778646715551107_188773568636055744_o.jpg

今回のテーマは
【音楽で小銭を稼ぎに行ってはいけない理由!?】
https://www.agentmail.jp/image/?i=nSSGiEEqLdM%3D
 
僕は、ミュージシャンとして起業を目指す人に、
必ずこの質問をします。
 
Q「年収いくらくらい欲しいですか?」
 
不思議なもので、
この質問をすると
半分以上の人がこう答えます。
 
「音楽で食べていければいいです。」
 
これ、日本語としておかしいの気づきませんか?
 
「年収いくら?」と聞いているのだから
数字で答えるのが普通です。
 
でも、「食べていけるくらい。」
という曖昧な表現で答える人が
とても、とても多いのです!
 
もちろん、この手の人は
ほとんど起業はしません。
 
また、まかり間違って起業したとしても
ほぼ100%失敗します。
 
なぜなら、
「小銭を稼ぎに行くから。」
 
音楽で稼げたらいいなぁ、
と漠然とは思っているけれど、
自分にできるとは思っていない。
 
だから自信がないので、
ギリギリ食べていけるくらい?
なんていう曖昧な感じになるのです。
 
そして何より、
小銭を稼ぎにいった瞬間に
起業が失敗する最大の理由があります。
 
それは、
 
【クレームばかりの嫌な客を相手にするから!】
 
食べていけるくらいの数字。
例えば、月15万円〜20万円くらいでしょうか?
 
このくらいの月収を狙いに行くと、
必然的に料金を下げることになります。
 
値段が下がって人がいっぱいくるんだからいいだろ!?
と、思うかもしれませんが、
事実は逆です。
 
値段が下がれば下がるほど、
お客様の質はガクンと落ちます。
 
金払いは悪いくせに、
いっちょまえにクレームばかり主張する。
そういうめんどくさい奴を
相手にしなければならない確率が
格段に上がります。
 
せっかく好きな音楽で起業しようと思ったのに
蓋を開けてみたら音楽が嫌いになっただけだった…。
 
なんて人が多いのも、
大抵は小銭を稼ぎに行くのが原因です。
 
では、具体的にどのくらいの収入を狙えば、
ご機嫌なお客さんだけに囲まれて、
毎日音楽を楽しむだけで
自由になるのに十分な収入が得られるのでしょうか?
 
答えは次回おしらせします。
どうぞお楽しみに!

ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。