名ドラマーは名ピアニストの法則!?

11828551_888015791280865_1878389179202563298_n.jpg

こんにちは!
 
ミュージシャン起業プロデューサーの
斉藤彰広です!
 
 
今回のテーマは
 
【名ドラマーは名ピアニストの法則!?】
 
です。
 
 
このところ、
メロディーに即興でコード付けすると
音楽家として総合力が上がります!
 
というお話をしてきました。
 
今回は、それに付随した
ミュージシャンあるある
なお話です。
 
 
これ本当にパターンなのですが、
【名ドラマーは名ピアニスト
   である事が多い!】
 
一つは、ドラムもピアノも
両手、または足も含めて
バラバラに動かす楽器なので
脳の使い方が似ている。
 
だからそれぞれの楽器に
他の楽器プレイヤーよりも
サブ楽器として行きやすい。
 
という法則があると思います。
 
 
が!
 
 
そこだけではなく、
もっと強力に
名ドラマーは名ピアニスト!
な法則が適用される理由があります。
 
 
その理由とは
 
【ハーモニーが聴こえている!】
ハーモニーが聞こえるドラマー
 
 
ドラムはリズムに特化した楽器。
だからこそ、ほかの楽器のサウンドを
完全無視しても演奏できてしまいます。
 
ところが、
このレベルのドラマーだと
他のプレイヤーはとっても
演奏し辛い!
 
そりゃ、聞いていない人と
合わせるのは難しいですよね。(笑)
 
これは極端に酷い例だとしても、
意外とこう言う傾向の強い
ドラマーは多いです。
 
さすがにリズムだけとは言わなくても、
メロディーだけしか聞こえていない。
ベースだけしか聴こえていない。
 
などなど、全体の音が
聞き取れていないドラマーがほとんど。
 
 
それならば!
と、音楽理論やコードを学んでも、
文字や理屈から入るので
全く実践に役立たない!
 
こんなジレンマに陥っているのです。
(ドラマーに限らず他の
  楽器プレイヤーも同じですね!)
 
この時に、子供の頃から
ピアノをやっていて、
感覚でハーモニーが聴こえている
ドラマーは段違いの音楽性を
発揮したりするのです!
 
これぞ、
【名ドラマーは名ピアニストの法則!】
 
が成り立つ真の理由です。
 
 
でも、この能力は
実は即興コード付けを練習すると
大人でも身につく!
 
というのは、
再三お伝えしているので、
もう大丈夫ですよね?(笑)
 
 
また、バンド全体が一気に
聞こえるようになると、
単純に楽しい!
 
ぜひ多くの方に
この能力を身につけて頂だけたら
個人的に嬉しいです。
 
次回も、
即興コード付け練習について、
段々具体的にしながら
わかりやすく解説していきますね。
 
 
もっとはやく詳しく
即興コード付けの方法が知りたい!
という方は、
 
 
 
 
それでは本日もガツンとグルーヴさせていきましょう!
 
 

ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。