コードを聞くとリズムが聞こえる法則!?

10404896_821040694645042_6446188921299991569_n.jpg

こんにちは!

ミュージシャン起業プロデューサーの
斉藤彰広です。

今回のテーマは

【コードを聞くとリズムが聞こえる法則!?】

このところ、「即興コード付け」
いわゆる「リハーモナイズ」
について解説しています。

今回もそのお話。

実は、たくさんのミュージシャン志望の人と
お話をさせてもらっていると、
よく聞く質問があります。

1 コードがよく聞き取れません。
2 リズム感に自信がありません。

この二つがかなりの頻度で
質問されます。

でも、専門家の僕からすると、
この二つの問題の根っこは同じ。

 

【コードが聞こえていないから
リズムが聞こえないし、

リズムが聞こえていないから、
コードが聞こえてない!】

これが隠された真実です!

なので、リズム側から
コードを攻略することも可能なのですが、
今回はコード側から、
リズムまで攻略する方法をお伝えします。

とはいっても、
やることは簡単。

【常にリズムを感じて

   コードチェンジするだけ!】

リズムとコード

コードというのは、
連続して聞かないと、
その本質は聞こえてきません。

例えば、
ドミソのコードCを
ジャーンと弾きます。

すぐさま
ソシレのGをジャーンと弾くと、
なんだか落ち着かない感じがして、
盛り上がりを感じます。

でも、ずっとGだけ弾いていると、
今度はそのGが安定して聞こえてしまい
盛り上がり感はなくなるのです。

と、このように、
コードは常にリズムを付けて、
「止まらずに演奏しないと聞こえない!」

ようにできているのです。

さらに言うと!

【即興コード付けを練習するのは
リズムを止めない練習と同義!】

即興でその場でコードを付けるので、
リズムを止めてやり直すことはできません。

なので、即興コード付けを練習すると
自ずとリズムの核が聞こえてきて、
リズム感もよくなってしまうのです!

即興コード付けの練習って
オールマイティで素晴らしいですね。

ミュージシャンとしての
基礎能力をガツンと上げる、
素晴らしい練習法の一つです。

 

 
 

ミュージシャンで 最低年収1000万を超える365の方法ミュージシャン起業メール

※ezwebのメールは文字化けの可能性があるため登録をご遠慮下さい。